投稿

投稿, 未分類

兄弟で、親からもらう学費や結婚費用・家の資金の援助に差がある場合があります。家の資金や学費で、500万兄弟のうちひとりに援助する場合もあるでしょう。原則は親の死亡時には、兄弟は平等です。しかしひとりが500万援助したもらったことを考えて、公平な相続ができる制度が特別受益です。特別受益とは、生前贈与とは違います。不動産などは、1000万をこえることがあるので、注意が必要です。できれば親が生きているときに、兄弟に平等に資産が行くようにするのがトラブルを避けるコツです。わからなかったり不安な場合は、プロに相談するのが一番です。相続専門の行政書士は、相続で困ったときの相談先になります。弁護士は敷居が高いと感じている人も、行政書士なら気楽に相談できると思っている人は多いです。手続きを代わりにやってくれるというイメージがあるので、弁護士のように争いに発展することが少ないです。ネットの公式ページで、料金が載っています。