MENU

PR | 粉骨サービスなら信頼できる会社に | 家族葬で見送る枚方の斎場

死後自分の財産を親族に渡すことを『遺産相続』と言い、生きているうちに遺産相続のように親族に財産を渡すことを『生前贈与』と言います。後者のことを生前相続と言う方もいますね。遺産相続には相続税、生前贈与には贈与税がかかります。ただし、遺産相続は一括で多くの財産を分ける為、税金も多額になります。財産を遺すということのメリットとデメリットについて考えてみましょう。
※記事については相続について、姫路市の弁護士さんに相談した際のアドバイスをもとにしています。

相続財産を仕分けてみる マイナスの財産

一口に遺産相続と言っても、相続する財産には様々なものがあります。まず、相続財産は相続して嬉しいものばかりではありません。いわゆる負の財産、マイナスの相続財産には、借金やローンの他に、税金や家賃、医療費などの滞納や未払いも含まれます。遺産の一部だけ相続放棄することはできないのでなるべく早く清算しておくことが必要です。

相続財産を仕分けてみる プラスの財産

プラスの財産には、現金や預金、簡単に現金に換えられる株式、小切手などがあります。次に、宝石、車など現金ではないけれど動かせる財産「動産」があります。そして土地や建物とそれらにまつわる権利は、動かせない財産「不動産」です。その他に著作権、漁業権、ゴルフ会員権など、土地や建物以外の権利も財産に含まれます。
墓地、仏壇、仏具、神具、香典などは、相続財産には当たりません。

分けにくい財産「不動産」

不動産には、現在使っている家や土地、使っていないけれどプラスの価値がある建物や土地、そして使っていない上に処分するのにかなりのお金がかかる建物の3種類があります。処分の費用がかさみそうな建物は、生前に処分しておくことで、見えないマイナスの相続財産を減らすことができます。特に遺産相続でもめやすいのは不動産です。どのように分けたらトラブルにならないかよく考え、遺言書などの準備を進めておくことが大切です。

生きた財産の使い方

生前にできる相続税対策として、早い段階から毎年少しずつ財産分与を勧める「生前贈与」があります。生前贈与で財産を分け与えることと同時に、生きているうちに財産を使うべきところで有効に使うことが大切です。残りの人生をより気持ちよく過ごすために財産をうまく使いましょう。生前であれば、遺された家族の間で不要なトラブルを招かないように、あなた自身が調整することもできるのです。

PR|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|ダイエットチャレンジ|AGAでお悩み解決|エステサロンを上手に利用する情報サイト|健康に役立つ口コミ情報|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|