贈与税の課税制度には暦年課税制度がある

生前贈与とは、自己の財産を無償で親族に贈与することを言います。生前贈与では、相続対策を目的とした贈与で、親族の相続税対策を目的とするものがほとんどです。贈与税の課税制度には、暦年課税制度があります。暦年課税制度は、1月1日から12月31日までの一年間にもらった財産の合計が110万円以下の場合には、110万円の基礎控除があり、非課税になるので税金がかかりません。110万円を超える場合に、その超えた部分に対しては課税されます。贈与税には様々な非課税枠があります。専門の方に聞いたりしてうまく利用したら、節税に役立ちます。お金を渡す場合には、現金手渡しではなく、通帳に振り込むとよいです。また、生前贈与は、口頭でもできる契約ですが、後々トラブルにならないために、贈与契約書を作成するとよいです。契約書には、いつ、だれから誰に、何を贈与したのか明確に記載します。贈与者、受け取る側の住所、氏名を記載し、印鑑を押します。インターネットにひな形があります。

Follow me!

投稿

Posted by souzoku01