生前贈与は生きている内に自分の財産を譲る行為

生前贈与は生きている内に自分の財産を、望む誰かに譲る行為です。財産を他の誰かに譲るというのは基本的に、自分の死後に相続という形で家族や親類に渡す事が出来ます。なのでわざわざ生きている内に誰かに譲る必要はない、と考える人も少なくないです。ですが自分の死後の事になると、本当に自分が財産を譲りたい相手に譲る事が出来るのか不安に思う人もいます。確かに生前に遺言書をきちんと作成しておけば、死後に譲りたい相手に遺産を譲る事は可能です。所が遺言書を残しても死後にそれに問題が見付かり、法的に無効になる事もあったりします。譲りたい相手にきちんと遺産を譲れないケースもあるので、厄介です。その点、生前贈与であれば自分の意思で、きちんと譲りたい相手に遺産を譲る事が出来ます。しかも生前贈与であれば財産を譲った相手が受け取り、喜ぶ顔等も見る事が出来る点も魅了的です。更に生前贈与で財産の多くを譲っておけば、自分の死後に遺産を巡っての争いが起きるのを回避出来ます。

投稿

Posted by souzoku01