生前贈与が人気になっている

親がまだ元気なうちに子どもたちに財産を分けておく、生前贈与が人気になっています。自分が動けるうちに贈与を終わらせておけば、親としては自分の肩の荷も下りたようになるでしょう。
生前贈与は財産をあげる側の親と、財産を受け取る側の子どもがいて、双方が贈与する内容や金額、実際に贈与を行う日時などに同意すればそれで成立します。
親と子の間で行う贈与のため、口約束だけで大丈夫、と思っている人も多いですが、後からトラブルを生まないようにするために、あらかじめ文書を残しておいた方が良いでしょう。
例えば、子どもが複数いた場合口約束で生前贈与の内容を決めてしまうと「あのときはああ言った、言った」ということになりかねません。証拠が残らなくなってしまうため、スムーズで納得のいく生前贈与を行うためにも、文書を残しておきましょう。
文書の形はどんなものでもよいですが、署名の部分は直筆で行って捺印をするなど、正式な文書として成立する形を選びます。

Follow me!

投稿

Posted by souzoku01