生前贈与を行う人が増えている

生前贈与を行う人が増えていると言います。生前贈与の大きな目的の一つは相続税の節税です。1人につき年間110万円以内であれば贈与税も発生しないので、少しずつ分けてあげればそれなりの節税効果を期待することができます。その上で、子どもや孫たちに喜んでもらうことができるので、ダブルの効果があるわけです。ところで、子どもたや孫は家を建てようとしているなら、さらに多額の生前贈与を行うチャンスです。というのも110万円以上の資金援助でも税金が発生しないからです。2011年までに住宅を取得する場合の特例として、住宅購入資金一括贈与の非課税制度を利用することができるのです。特に省エネ住宅を取得する場合には非課税になる額を大きく、たとえば2019年の12月に省エネ住宅を取得する場合、消費税が10%になったと仮定すると1,500万円まで非課税扱いとなります。非省エネ住宅でも1,000万円まで非課税となります。なお、この制度は2021年12月31年までとなっています。

投稿

Posted by souzoku01