不動産の売却を検討するのは良い案

生前贈与を考える場合、自分亡き後に身内同士の遺産分割協議で揉めて苦労しないようにという思惑がある事が多いようです。
特に、預貯金の遺産だけならともかく不動産が財産として残されていると色々と揉める原因となりやすいのです。
そのため、生前贈与の準備としてまず所有している不動産の売却を検討するのは良い案です。
維持、管理が難しい不動産は相続財産として残されても困る場合も多くあります。
持っていても固定資産税がかかるだけですからむしろ早く手放して現金にしてしまうと遺産相続でもスムーズになります。
相続税対策に、と生前贈与したいという場合にも、不動産を贈与したら暦年課税で年間の基礎控除額110万円は確実に超えてしまいます。
それよりも、不動産を売却し現金にかえてから毎年贈与税のかからない110万円までを贈与した方が節税となります。
しかし相続の発生する三年以内までの贈与は相続税の計算に足し戻されます。
つまり被相続人の亡くなる三年以内に贈与した財産は相続税の対象となってしまうので注意が必要です。
生前贈与を考えるなら早めに不動産の売却をして暦年課税を検討した方が良さそうです。

Follow me!

投稿

Posted by souzoku01