あまり考えずに生前贈与の現金を受け取ると?

生前贈与を受ける場合、あまり深く考えず、現金を受け取る、といった形の場合があります。ですが、これは賛成しかねます。なぜなら、そのときはよくても、いろいろと痛くもない腹を探られることになったり、トラブルのもとになったりするからです。銀行振込での受け渡しをお勧めします。
もちろん、よくないことですが、税金をごまかそう、と考えたり、贈与を受けたことを、利害関係のある人に内緒にしておきたい、と考えたりして現金での受け渡しを考える人もいるでしょう。
ですが、のちのち、税務署に不正がばれてしまい、犯罪者となってしまった、ということにもならない保証はありません。また、その時の贈与する側、贈与される側、そして、贈与される側と利害関係がある人との間に何もトラブルがなくても、将来にわたり、そうである、という保証はなく、争いになることだってあります。隠したいから、といって、現金での受け渡しをしていたことによって、それが税務署にばれてしまったり、利害関係のある人にばれてしまったりすると、他にもそういったことがないか、ということで、さらに調べられ、苦労することになります。
ですから、生前贈与を受けるときには、銀行振込での受け渡しをお勧めします。

Follow me!