節税対策での生前贈与

生前贈与は主に相続税の節税を目的として行われることが多いです。
生前贈与すれば相続財産を減らすことができますから結果として相続税額を減らせます。
親の遺産を相続したら思った以上に相続税がかかって大変だった、という話は聞いたことがあるかもしれません。
自分の死後に子供が負担にならないように生前贈与をする親は増えています。
生前贈与の基本は、年間で110万円まで非課税となる暦年贈与を活用することです。
基礎控除額の110万円を超えなければ税金がかからないため毎年相続財産を減らしていく事が可能です。
また、生前贈与には相続税の節税だけではなく自由に自分の財産を贈与できるというメリットがあります。
死後は遺言書があればそれに従って遺産相続が行われますが、遺言書があっても遺留分など被相続人が望まない相続となる可能性もあります。
しかし生前贈与ならば誰に何を渡すかは自分の意思で好きに決められます。
自分の死後に相続人に財産を相続させる事で良い方向に進んでいかないと考えた場合にも財産をあえて減らす生前贈与は効果的です。

Follow me!

投稿

Posted by souzoku01