生前相続あるいは生前贈与の様々なメリット

生きている間に財産を渡すことを生前相続あるいは生前贈与などと言いますが、亡くなった後に財産を渡す遺贈に比べて様々なメリットがあります。まず多くの人が相続について考えるとき心配になるのが、相続にまつわるトラブルではないでしょうか。自分な亡くなった後に親族の間で醜い相続争いが起こったら、これほど残念なことはありません。生前相続を行うことで、この相続トラブルのリスクを軽減させることが可能になります。生前相続の重要なポイントの一つとして、本人が財産を渡したいと言っても相続人が受け取らなければ成立しません。そのためきちんと同意を得た上で財産を贈与していくのでトラブルが起こりにくいのです。また好きな相手に自由に渡すことができるのも生前相続の魅力です。ただし、贈与税の対象となる可能性があるので注意しましょう。具体的には年間110万円を越えると贈与税の対象となります。そこで毎年110万円以下の範囲で財産を渡していきます。そうすることで課税対象とはならなくなり、節税効果が期待できます。

Follow me!

投稿

Posted by souzoku01