生前贈与というのは相続税額を減らすことができるメリットがあります

2019年11月20日

生前贈与というのは相続税額を減らすことができるメリットがあります。
しかし、それなら最初から相続税がかからないなら生前贈与するメリットはないように思えます。
実際、相続の中で相続税がかかるのは1割にも満たないので、必ずしも生前贈与しておかないと課税されてしまうというのではありません。
相続税は基礎控除額が設けられておりそれを超えなければ課税されません。
相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×法定相続人数です。
だから相続税対策に生前贈与を、というのは実は必要ない人も多いのです。
しかし生前贈与する事で早めに孫や子供たちに財産を残すことはできます。
その場合は暦年贈与の基礎控除額110万円までなら非課税なのでそれを活用して贈与するのがおススメです。
生前贈与は契約なので、お互い納得していないと成り立ちません。
贈与する相手と話し合って合意の上で契約する事ができるので死後に遺産分割するトラブルを回避できるメリットもあります。

Follow me!

投稿

Posted by souzoku01